Cre(クリエ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一条、文楽へ行きました感動!

さてさて、今だ就職先が迷子の一条たま吉ですよ(´;ω;`)
えー、見に行きました文楽を。その演目名「テンペストあらしのちはれ」。
外中也さんがお誘いしてくれたんですよ。ちろぬさんも一緒です。
この「テンペ以下略」は、なんと元ネタはシェークスピア様がお書きになった物語なんですと。

シェークスピアって、ロミオとジュリエットぐらいしか知らないんですよね……。
でも、「テ以下略」は内容も台詞も、舞台上の黒い板(?)に表示されていて分かりやすかったです。ストーリーは勧善懲悪っぽい、スッキリできる話でした。復讐、親子関係、男女の恋愛……ちょっとロミオとジュリエットに似てる気がしました。
あ、舞台上に妖精が出てきましたよ。ハデハデの。ヒラヒラの。ピンクの。これは新しい……!
ところどころにプッと吹いてしまうようなギャグも含まれていて、ピリピリしたシーンを中和してくれました。特に、「ケータイ電話防水機能付き」。あれは謎でシュールなネタだった。

音楽は勇ましい和楽。背景セットは森林と荒々しい洞窟。
その中で繰り広げられる、お人形さんたちの光る演技。
シェークスピアと、見事にマッチしておりました。
正直、「シェークスピアと文楽!? 大丈夫なの!? 混ぜていいの!?」って気分で観ていましたが、最後は拍手喝采に、私の両手も加わっていました(´v`人)
文楽、おもしろかったです。ありがとう外中也さん。

じゃね~☆ミ 寮内がインフルエンザ患者で溢れているたま吉より

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

よかったw

楽しんでいただけたようで何より。
自分と同じ世代で日本の芸能を楽しんでくれる
子達がいると大変ちからになります★
中也は幸せですw
当方も後ほどレビューを掲載いたしますね。

外中也 | URL | 2009-08-04 (Tue) 11:31 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。