Cre(クリエ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業した?そんなことよりストリップやろうぜ!

新年早々、ご来光を見たよ!
ライトに照らされる中年おっさんのtmtmだよ!

フル・モンティ [Blu-ray]フル・モンティ [Blu-ray]
(2010/08/04)
ロバート・カーライル、トム・ウィルキンソン 他

商品詳細を見る

えと、あけましておめでとうございます。そしてすみません。

フル・モンティというのは、徹底的に脱ごうぜ!つまりすっぽんぽんという意味らしいです。
この時点でお下劣コメディー?と誤解されそうですが、
あっつい熱い親子愛、友情、そして不況の世を明るく乗り切る根性が見れる
ハートフルコメディというやつです。

舞台となるイングランド、シルフィードは鉄鋼業で大いに栄えた町。
しかし大不況の波におそわれ、多くの鉄工員が失業することになります。
ロバート・カーライル演じるガズもその1人。
ガズにはネイサンという1人息子がいるけれど、養育費が払えず、養育権を剥奪されそうになっています。
こりゃなんとかしなくては・・・と目をつけたのが、
だめ亭主をほっといて女が入り浸っている、男性ストリップショー。
同じく失業した仲間を誘いながら、お粗末な体で金を稼ごうとするのだが・・・

お粗末とはいいましたが、おじさんもデブも黒人も、よりどりみどりでどこを見ていいか迷ってしまいました。
なにより目線がエロイエロイ。流し目の流星群にハートはぶちあけられまくり。
ガズも痩せと言われていましたが、そのやつれたカタギ臭のしない顔立ちにときめいちゃいました。
息子思いのダメ男というのが、庇護欲をくすぐるんだなぁ~。

デブのデイヴもデブ専ではなくとも、そのお腹に抱きつきたいという可愛さ。
ガズたちの上司、ジェラルドはいつもはカッチリスーツのおじさまなのに、その笑顔といったらっ!

どのキャラクターにも個性とぐっと引き寄せられる性的な魅力があって素敵でした。
日本ではあまり知られていない人ばかりらしいけど
ロンパー役のスティーヴ・ヒューイソンは抜群によかったです。
今まで死にそうな顔してたのに、友達ができたと知った瞬間の表情の変化。
「車でひき殺してやるよ」なんていう友達、ですけど、これが暖かい言葉なんですよ。
こういったイギリス映画独自の皮肉と優しさ、まさに飴と鞭具合も丁度よかったです。

まあ一番の男前は息子のネイサンなんですけどねー。


ヘタなハッピーエンドに収まらない、彼らの見せられるかぎりを見せていて、
新年からかなりハッピーな気持ちになりました。

色々不満も不安も多い世の中で、口に出してみてもよくはなりませんが、
たまにはパーンと思い切って全裸になってみると、世界は輝いて見える・・・かもしれませんよ。


山本ちろぬ

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。