Cre(クリエ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒同心左近と伸吾

うひ~。お久しぶりに外な中也だよ。雨降りの前後には必ず神経痛に悩まされるよ(=´v`;)ゞ

神経痛の辛さに対抗すべく読んだ小説が愉しかったのでご紹介♪

相棒同心左近と伸吾

相棒同心 左近と伸吾 (コスミック・時代文庫)相棒同心 左近と伸吾 (コスミック・時代文庫)
(2010/05/10)
楠木 誠一郎

商品詳細を見る



大江伸吾(おおえしんご)は江戸南町奉行署の定町廻り同心。今で言うお巡りさんのような仕事をしているのだが、立派な父を持つ二代目であるせいなのか、ちょっとひねくれたところもある青年。
ひょんなことから極度の血も汚れも苦手な潔癖症で、変わり者として知られる臨時廻り同心・鞠小路左近(まりこうじさこん)と共に行動することになる。
左近のつかみ所のない人柄に伸吾は振り回されっぱなし。左近は左近でおおざっぱな伸吾の気質に呆れ顔。
凸凹な二人に江戸にはびこる事件を解決できるのか?

◆江戸時代版『相棒』!?◆ 
誰に対しても敬語で喋り、変人だが大変な切れ者である左近と、立端があり、顔も整っているが大雑把すぎる伸吾。二人のやりとりは、水谷豊さん主演のドラマ、相棒を彷彿とさせる。
テンポもよく、同心・与力・火付盗賊改などの用語さえ理解していれば、あっと言う間に読めてしまう。
また、サブとして登場する女性たちが大変いい味を出しており潔癖症な左近と、(今のところ)活躍の機会が少ない伸吾の人間味を演出してくれる。


◆続きは?続きはっ!?◆
左近が潔癖症(一種の情緒不安定)に陥ってしまった理由や、伸吾の恋愛模様などまだまだ話が膨らむ可能性がありそう。伏線とおぼしき描写が回収されていないので続きが気になるところ。
早く読みたい!

ただ、今回はわりと最初の版を購入したせいか、いくつかミスと思われるポイントを発見。
メインキャラクターの名前にミスがあったのにはあぼーんってなったよ。左近のお名前が

右近

になってた。一ヶ所だけ。作者さんがキャラクター名を間違えることはないと思うので、編集の際に何かがあったのかなー……テキスト原稿には思わぬ事件が起こるものだね(^o^;)

間違いを探してみるのも一興かも。

もし、編集に携わっておられる方がいましたら、何かの機会に直して差し上げてください。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。